各組の詳細はそれぞれのNAVIで♪(クリック切替)

ネットde宝塚トップページ » 全般NAVI » ニュース速報

◆◆◆  ニュース速報  ◆◆◆    〜 ネットde宝塚(全般NAVI)〜

宝塚大劇場月組公演『WELCOME TO TAKARAZUKA −雪と月と花と−』『ピガール狂騒曲』についての情報です。(更新)

0
    宝塚大劇場月組公演『WELCOME TO TAKARAZUKA −雪と月と花と−』『ピガール狂騒曲』について、
    政府および自治体等による新型コロナウイルス感染拡大予防のためのガイドラインに基づいて、
    施設内の感染予防対策を徹底することに加え、公演内容ならびにチケットの販売方法や劇場内の各種サービス等に
    ついても、感染拡大予防のため、従来とは異なった運用がされます。
    公演内容およびチケットの発売については、今後の新型コロナウイルス感染状況を踏まえた社会情勢に応じて、変更される場合があります。

    【公演内容】
     ・2回公演実施日の入退場時の混雑緩和、ならびに公演入れ替え時の客席内の清掃のため、
      午後の公演の開演時間が30分繰り下げられ、「15時30分開演」になります。

      ※ 公演の詳細 ⇒ 宝塚大劇場月組公演『WELCOME TO TAKARAZUKA −雪と月と花と−』『ピガール狂騒曲』

     ・舞台上および舞台裏での密集状況を避けるため、1公演あたりの出演者が減員されます。

      ※ 各公演の出演者や出演日程の詳細 ⇒ 月組 宝塚大劇場公演 出演人数について

     ・客席を使った演出については、当面の間、取りやめ。

     ・オーケストラ演奏につきましては、オーケストラピット内での感染予防対策のため、録音演奏

    【チケットの発売について】
     ★9月11日の政府によるイベント開催制限緩和の発表を受けて、座席は以下のように販売されます。
     ・感染予防対策として、引き続き前方座席ならびに花道沿いの座席販売は見合わせられます
     上記以外の座席については、左右1席を空けず、通常通り販売されます
     ・上記の販売座席の変更にともない、宝塚友の会会員向けの追加販売が実施されます。

      ※ 追加販売の詳細 ⇒ 宝塚友の会 宝塚大劇場月組公演 チケット追加販売のお知らせ

     ・販売可能なチケット枚数が大幅に減少するため、宝塚友の会会員先行販売は「(1公演につき)一人1枚」に
      なります。
      また、先行販売で購入できる座席位置は通常の公演時と異なる場合があります。
      ※ 宝塚友の会会員先行販売(第1抽選方式(最大8公演まで申込可)・第2抽選方式(最大12公演まで申込可)・
        先着順方式)については、電話もしくはWEBから申し込みできます。
        詳細については、別途会員向けに案内されます。

      ※ 宝塚友の会の詳細 ⇒ 宝塚友の会

     ・一般前売についても、宝塚友の会会員先行販売と同じく「(1公演につき)一人1枚」での販売となり、宝塚歌劇
      Webチケットサービスのみで販売されます。

      ※ 宝塚大劇場チケットカウンター、電話受付ならびに各プレイガイドでの販売はありません。
      ※ 宝塚友の会会員先行販売を中心に販売されるため、公演によっては、一般前売での販売数が非常に少ない
        場合があります。

     ・チケット発券や入場時の接触機会削減のため、チケットの発券は全て当日発券となります。
      ※ 入場認証システム対応(IC機能付き)の会員証を持っている友の会会員は、改札口の読み取り機に会員証
        カードをかざすことで入場できます。感染予防のための非接触入場にご協力ください。

     ・当日券の販売はありません。
      ※ 通常の当日B席ならびに立見席は上記の一般前売にて販売されます。
        なお、立見席については観客の距離を十分確保するため、販売数は大幅に減少します。

     ・団体観劇の新規お引き受けについては、当面見合わせられます。

     ・チケットの転売は堅くお断りです。入場時に宝塚友の会会員証を確認する場合があるので、来場時には会員証を
      持参のこと。

    【来場者への協力のお願い】
     ・ご来場のお客様へご協力のお願い(宝塚歌劇団公式)

    【宝塚大劇場における感染予防対策】
      ・宝塚大劇場における感染予防対策について(宝塚歌劇団公式)

    ※ 詳細 ⇒ 月組 宝塚大劇場公演『WELCOME TO TAKARAZUKA −雪と月と花と−』『ピガール狂騒曲』について(追)




    コメント
    コメントする